Calendar
<<Prev2019/4Next>>
SunMonTueWedThuFriSat

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
Bookmark
Recent TB&Com

ネタバレ日誌の表示設定=表示off [表示onに変更]

封鎖上映会@関東!!
2012年12月22日22時55分
とっても久しぶりの更新ですが、今日の記録にちょっとだけ!!

すぱ本部長主宰の封鎖上映会@関東inお台場シネマメディアージュ!
参加してきましたー!!
アフターオフは残念ながらお金と時間と体力の都合で行けませんでしたが…><;

初めての封鎖上映会、最高でした!
やっぱりNW捜査員ってすごい!
まさか150人近くも集まると思ってなかったので、まずその規模にびっくり。
そしてその一体感にびっくり。
サプライズ&おもしろマナー広告にびっくり。
上映後のスペシャル映像にもびっくり。
ポスターたちにもびっくり。
そしてまさかのリアルバナナにびっくり。笑

サービスとホスピタリティあふれる演出の数々にとにかく大感動でした!
行ってよかった!

たとえ本当にこれがFINALだとしても、捜査員のつながりは決して消えないようにしたいですね^^
私もまだまだお知り合いも少ないし今回みたいなイベントでは何もお力添えできませんが、末永く仲良くしていただきたいなと改めて思いました。


ざっくりですがここまでで♪
明日からはクリスマスのバイト三連勤です!
そして卒論がまだ終わっていません!w

年末年始がんばるぞー!!

この日誌にメッセージ》■TrackBack■  ■Comment■  ■Mail■ 
トラックバックURL
http://www.wangansho.net/trackback.cgi/092570/20121222225500
トラックバックとコメント
封鎖!
うらん捜査員(2012年12月25日18時36分)
ODF&ヨーロッパ旅行
2012年09月20日00時18分
まずは何と言っても9月7日、ついにODF公開!

私は7日10:20の回を六本木スクリーン7で観ました。
オープニングから泣きそうでもうやばかったんですが、もうエンドロールは色んな感情がぶわっと込み上げてきてダメでした…
同じ回にいらしていた捜査員の皆様も同様にボロボロになっていて上映終了後もなかなか席を立てず…
みんなでガチ泣きでした;;

本当にこれで終わっちゃうんだなあと思うともう寂しくて寂しくて、まだまだスクリーンで青島さんたちに会いたい!って思うけど、
でもこの先もズルズル続いて、そのたびに興行収入がなんちゃら動員数がなんちゃらで変に騒がれるのもなんだか気持よくないので、
ハッキリとピリオドを打ってもらったのはかえって良かったのかも、なんて思ったりもして…。

OD2があれだけの規模の映画になって、
そのせいで踊るをやるなら必ず「大当たり」しなきゃいけない、ただの「当たり」くらいのヒットじゃ許されない、っていう空気があるのがなんとなくイヤなんですよね〜^^;
本当に本当に踊るが好きで応援し続ける捜査員っていう存在とそのつながりは確実にありつづけるんだから、そんな捜査員が楽しめるかどうかを追及できないんだったら無理に続編を作り続ける必要もない気がしちゃうんですよねえ…。

キャストもスタッフも、作る側の方々みんなが踊るを愛し続けて、作りたいと思って作ってるからここまでの続編は私も心から楽しめてるけど、
その情熱がなあなあになってきちゃうのが怖いなって、OD3ができてまだ次があるらしい、ってわかってきたときに思ってたんです。

だからFINALなことは寂しいけど、ある意味よかった部分もあるんじゃないかなあ。

いつ頃まで公開が続くかわかりませんが、前売り券もいっぱいあるし(笑)、できるかぎり踊りきります!!!

7日の夜はかっぱさん主宰のキックオフミーティング!!
60人以上の捜査員が湾岸食堂に集いました。
オフィシャルなイベントじゃないのにかなりのハイクオリティ☆
お土産も素敵だったし、抽選会も大盛り上がりでしたね♪
参加してよかったー!!!
またたくさんの捜査員の方に新たにご挨拶で来て、名刺交換もさせていただけて、最高の時間を過ごせました♪
やっぱり踊るサイコーーーーー!!!!





そして公開翌日の8日から19日まで、ヨーロッパ旅行に行ってきました♪
パリ→ブリュッセル→ロンドン→ウィーン→ローマ。
弾丸旅行でしたが、名所はだいたいまわれたし、なにより私にとっては懐かしいヨーロッパの空気にまた触れられたことが嬉しくて心地よくて幸せでした。

留学でヨーロッパに10ヶ月間いて、勉強したり観光して色んなものを見て体験して、
こりゃあすごいな、こりゃあ日本人にはないセンスだわ、こりゃあさすがヨーロッパ文化だわ、
っていろんな場面で何度も思ったけれど、
だからと言ってヨーロッパ>その他の文化、ということでは決してなくて、
まさに「みんなちがって、みんないい」なんだよな、って実感しました。

いいもの、おいしいもの、感性に響いてくるものは色々だけど、そこに優劣はなくて、それぞれがそれぞれの独特の輝きなんだから、
どっちのほうが古いから偉いとか、
どっちのほうが戦争に勝ったから偉いとか、
教科書に載ってないからどうでもいい作品だとか、
ぜっっっったいにそういうことではない。
個人個人の交流のレベルでも、民間の文化交流のレベルでも、国家間の政治経済の交流のレベルでも、その精神がみんなに流れれば、もうちょっと世界は楽しくなるのになあなんて思ってます。

そんな気持ちを改めて感じさせてくれたヨーロッパ、やっぱり心地いいです^^

明日からは現実に戻ります><
バイト、卒論、あと部屋の掃除ww
散々遊んだので、頑張ります!
まだまだODFはやってるんだし!!

この日誌にメッセージ》■TrackBack■  ■Comment■  ■Mail■ 
トラックバックURL
http://www.wangansho.net/trackback.cgi/092570/20120920001800
トラックバックとコメント
クレオパトラさん^^
MIIKO捜査員(2012年09月20日23時43分)
うらんさん^^
MIIKO捜査員(2012年09月20日23時32分)
気持ちがとても伝わります^^
クレオパトラ捜査員(2012年09月20日19時06分)
お帰りなさい♪
うらん捜査員(2012年09月20日17時14分)
名刺注文完了☆
2012年07月31日13時19分
やっとこさ本店名刺注文できました〜♪

ほとんど個人情報は載せませんでしたが…
みなさんどれくらい載せてるんですかね^^;?
唯一、Facobookの登録名、すなわち本名をさらしました。
Facebookではほとんどの情報はロックしてあるのでまあいいかなと思って…。

色はパープルにしました^^

一番迷ったのは肩書で…
ハマっこアピールはしておきたいなあ〜そうすると神奈川県警?
そのなかで何署だ?
部署とか担当はなんだ?
…てな感じで考えすぎるとなかなか決まらず^^;
結局は○○署、というのは付けず、
「ハマっコ捜査員」
というなんとも気の抜けたものに決定しましたww
生まれも育ちも生粋の横浜市民なので…横浜市の中でも相当な田舎ですが…w




それにしても毎日暑いですねー><
寒いより暑い方が断然好きなので暑いこと自体はいいのですが、
汗っかきとしてはダラダラ汗かいてるの恥ずかしいし服も選ばなきゃいけないのがちょっと面倒です…。


オリンピック、色々と番狂わせなことも起こってるようですが、盛り上がってきてますね^^
私は後半の陸上競技が楽しみです〜♪
完全に織田さんの影響で世陸を見てるおかげですね〜笑



今日はこれから留学仲間で久しぶりに集まってごはん食べてきます〜^^

この日誌にメッセージ》■TrackBack■  ■Comment■  ■Mail■ 
トラックバックURL
http://www.wangansho.net/trackback.cgi/092570/20120731131900
トラックバックとコメント
こんにちは♪
うらん捜査員(2012年07月31日18時19分)
夏が来ました〜
2012年07月17日22時15分
関東は今日梅雨明けだそうですね〜^^

このあたりは夜中にどっと降ることが多くて、なんだか空梅雨のような印象でしたが、
九州を中心に大雨の被害が甚大なところも多くあるんですよね…。
泥水に埋まった街の映像は、どうしても東北を思い出してしまって、
天災だからどうしようもないとわかってはいても、
日本中が水にやられてしまってボロボロになっている感じがしてきて、悲しく悔しくなります…

毎日普通の生活ができていることに改めて感謝感謝です。


こういうときに「感謝」って必ずいうけど、
感謝っていっても誰に(何に)対してどう感謝すればいいのか実際よくわからんな…
って正直なところ、思いませんか…^^;?

私が関東に住んでることはただの偶然だし、
関東では大きな災害が起きてないこともほとんど偶然だし、
そんな偶然や奇跡に感謝するってつかみどころがなさすぎて難しいし…
どうすりゃいいんだ……




さてさてテンション上げて捜査報告!

3連休の中日に、湾カフェ行ってきました!
とりあえずWPS焼印入りのパンケーキを^^
この夏は通って全メニュー制覇しなければ〜。
お子様プレートも頼みたいなあ…笑

twitterでお世話になっている捜査員さんにも何人かお会いできて、とってもいい一日になりました〜♪

前売り券も、ムビチケと紙チケでそれぞれ一般券とペア券、計6枚を購入、
無事に特典ポストカードもコンプリートできました♪


明日は水曜日!てことでブレ猿観てきまーす^^/

この日誌にメッセージ》■TrackBack■  ■Comment■  ■Mail■ 
トラックバックURL
http://www.wangansho.net/trackback.cgi/092570/20120717221500
支店復帰\(^o^)/
2012年07月12日23時21分
ながーーーーーーーーーーーーい間、ご無沙汰しておりました。

miikoでございます!

ツイッターのほうではちょいちょいつぶやいております。
@M1ikoで引き続きよろしくお願いします^^


さてさてついに明日ODF前売り券発売開始ということで!
明後日土曜日からは合衆国もスタートということで!
今年はSOHOが湾カフェになるおかげで22時まで営業ということで!!

こちらでの書き込みも頻度あげていこうと思います!
よろしくです!

今年はブレ猿もあるし、アツい夏になりそうですね!!
楽しみすぎます!!!!!





簡単に近況報告を。

5月末に無事に就職活動を終えました。
志望通りのホテル業界です。
来春からはしばらくは現場でサービス修行になると思いますが、
将来的には、ホテルからサービス業を、観光業を、そして日本経済を盛り上げていくことを目指して働けるホテリエになりたいと思っています。

6月中旬から、留学から帰国後ずっとニート(笑)だった私もアルバイトを始めました。
これまたホテルなんですが、地元の老舗のカフェです。
大学卒業までの約半年間ですが、ホテルサービスの勉強をしたいということでアルバイトとして雇ってもらえました。
年明けまでの短い期間になりますが、頑張ります^^

そして前期は単位も足りてるし就活もあるしということで大学を休学してまして、
授業もないわ卒論にも手をつけてないわで全然アタマが勉強の方向を向きません!笑
夏にはちょっとくらい卒論に向けて文献漁りくらいは始めたいところです!


とまあざっくりこんな感じです(笑)




とにかく今はODF&ブレ猿のことで頭がいっぱいですっ\(^o^)/

この日誌にメッセージ》■TrackBack■  ■Comment■  ■Mail■ 
トラックバックURL
http://www.wangansho.net/trackback.cgi/092570/20120712232100
トラックバックとコメント
こんにちは♪
MIIKO捜査員(2012年07月17日22時14分)
元気いっぱいですね^^
クレオパトラ捜査員(2012年07月13日10時29分)
特におもしろくもない近況報告です(笑)
2011年10月08日00時43分
ちょいお久しぶりです〜

ついに10月4日から大学の授業が再開しました。
留学から帰ってきて初めての授業、ほとんど同期の4年生の友達は単位を取り終わっているので大学には来ていないらしく、まわりは下級生ばっかり…。肩身狭い!笑
でも今学期頑張っておけば来年度前期は就活に専念できるし、後期もゼミだけで済むはずなので、頑張ります。

9月に受けたTOEICでは無事に目標点を取ることができました。一安心。
10月も英検とTOEFLを受けるのですが、そっちのほうがTOEICよりもよっぽど難しいので、勝負はこっちのほうが本番って感じです。
かなりぎりぎりになりそうですが全力でぶつかれるように頑張ります。

あとは…いよいよ就活が始まりそうな感じです。今週は大学にマイナビの方が来て、12月までに(エントリー開始までに)何をしておけばいいのか、というお話をしてくださいました。
もうそろそろ逃げられないです…。TOEFLが終わったら就活モード全開にする予定。


あああああ観たい映画が多すぎる!けど時間もないしお金もないし!
早く社会人になってお金の面の不安はなくしたいなぁ><


今日はみなとみらいに最近できた「カップヌードルミュージアム」に行ってきました!
日清創設者の安藤百福氏のインスタントヌードル発明ストーリーを学べたり、自分でカップヌードルのカップをデザインして中身(スープの味と具)をアレンジできるマイカップヌードルファクトリー、おもにアジアの麺料理が楽しめるレストランスペースなどなど。
なかなかおもしろかったですよ!入場料は500円、マイカップヌードルファクトリーは+300円です。結構お得だと思います^^
首都圏の方はふらーっと行ってみるのもおすすめです〜^^





と、なんでもない近況報告でした〜

この日誌にメッセージ》■TrackBack■  ■Comment■  ■Mail■ 
トラックバックURL
http://www.wangansho.net/trackback.cgi/092570/20111008004300
トラックバックとコメント
遅くなりましたー><
MIIKO捜査員(2011年10月28日18時24分)
こんにちは〜
うらん捜査員(2011年10月11日19時01分)
HA HA ACTION!
2011年09月18日01時24分
前回の記事はすいませんでした。長くて。
でもああやって、頭の中でぐるぐるしてることをひたすら文字に起こしていくと、整理されるだけじゃなくて、うまく処理されていい意味で忘れられて、また翌日からすっきり頑張れます。
過去の日誌たちをあとから読み返すと自分の考えてきたことの経緯も見えておもしろいし。笑


今日は、HA HA ACTION!というライブに行ってきました。@Zepp Tokyo!5列目!!
いやーそもそもライブってものが高校のとき友達に誘われて行ったジャニーズのやつ以来だったんですが、本当に本当に楽しかったぁ>∀<

HA HA ACTION!とは!
RAG FAIR,INSPiのメンバーが中心になって、あとはダイナマイトしゃかりきサーカスっていう3人のバンドと、ハモネプで優勝したことのある「じゃ〜んずΩ」というグループからしーちゃん、同じくハモネプで注目された(残念ながら優勝はしてませんが)ヒューマンビートボクサーのDaichi、総勢15名が声だけで織りなす最高のアカペラエンターテイメントです!!

ハモネプが好きで、その流れでRAG FAIRも好きになって、いつか生で聞いてみたいと思ってたポップアカペラ。
今回はRAGの曲は聞けなかったけど、やっぱり人の声だけであんなに演奏ができちゃうって素晴らしいです。

今回のライブは、誰もが知ってる名曲、懐かしの曲、童謡が主で、数曲だけオリジナル曲を交えて、最初から最後まで、もともとRAG FAIRやINSPiを全然知らなかった人でも楽しめちゃうステージでした。
歌を聴かせるだけじゃなくて、総合エンタテイメントとして完成されていました。
ダンス、笑い、涙…2時間観客を休ませない、決して飽きさせない、最高のステージとしか言えません!!

仙台、名古屋、東京とまわってきて、来週の大阪でラストを迎えるこのHAHAACTIONツアー、参戦できてよかったです!!
また次回ツアーが実現すれば、次は友達誘って行きたいっす!(今回は一人参戦だったので^^;)

大好きなRAG、INSPiメンバーの生の声が聞けて今とーーーーーーっても幸せな気分ですw
興奮して眠くならないっていうw



ひやーーーww
カモミールティーでも飲んで、気分落ち着けて寝なければああーーー

この日誌にメッセージ》■TrackBack■  ■Comment■  ■Mail■ 
トラックバックURL
http://www.wangansho.net/trackback.cgi/092570/20110918012400
また長い!長すぎるーー!!笑
2011年09月14日01時43分
気分が定まらないときは、こっちのテンションなんて知らずに突っ走ってくれるFMラジオをBGMにするのがいいですなぁ。


8月末に、復帰した大学の部活も引退しました。
復帰してからの1カ月ちょい、本当に楽しく過ごさせてもらえて、最後の大会もとにかく楽しめたのでよかったです。学生生活最後のガチ青春できた気がします。
これからは就活、卒論などありますが、楽しむ姿勢は忘れずに、まだまだ今までできなかったタイプの青春していこうと思います!!


9月ももう真ん中かぁ。
前の日曜日に留学からの帰国後初めてTOEICを受けてきました。
うーんどうだったんだろう…感触は悪くはなかったけど、目標だった前回(1年半前受験時)プラス15点はぎりぎり行けている気もしています。
結果は1ヶ月後〜



さて私がここで日誌を書いているということはつまりまた悶々と考えていることがあってそれを整理したいわけで(笑)

今は将来の仕事のことですな〜やっぱり。
本格的に就活を始めるのはもう少し先だけど、今から「自己分析」やら「業界研究」やらをしなければならないらしい。
私の場合、自分の適性なんて知らないけどとにかくホテル総合職がいいと思っているので、「業界研究」はそーんなに幅広くやらなくてもいいかなと。
「自己分析」はしっかりやっていかなきゃ。自分の軸をちゃんと言葉で表現できるようにしないと、面接でうまく話せないのはもちろん、いざ仕事始めても自信もって続けていけなくなるだろうから。

で、今ちょっとテンション落ちちゃってるのは、さっき、母と話したこと。
母は、私がホテル業界を目指すことには賛成してくれている様子。
でも、同じサービス業の一種である飲食接客業バイト=水商売、と思っているらしい。居酒屋、チェーンのカフェ、ファミレスなど。

居酒屋は確かに夜遅くまでお酒を提供するわけだし、特に安いチェーン店の場合、酔って絡んでくるおっさんもいるだろうし、女の子が働くのを親が嫌がるのはすんなり理解できる。実際私が今までバイトを探すとき、居酒屋はやめてねって言われても別に疑問は持たなかった。
でもお酒を出すわけでもない、しかも接客はほとんどマニュアル通りなカフェやファミレスも「水商売」になっちゃうの??!!ってビックリしたんです。

母は、自分の子どもが、選べない客層を相手にして、へこへこ他人の言うことを一方的に聞いて動く、というのが嫌だと。一緒に働くバイトさんたちの質も不安。
もしかしたらお客さんに「ねえちゃん」とか声かけられるんだと思うと、考えたくないほど嫌だと。「おねえさん」、でも嫌。

うーん考えすぎでは?と私は思うのですが、私を心配してくれてるからこそだし、このことでケンカしてもしょうがないと思ったので別に強く言い返しはしませんでした。

でも内心はほんとに泣きそうになってしまった。
母が私にファミレスでさえバイトしてほしくないと実は思っていた、のは別にいいんです。そこまで心配してもらえていてむしろありがたいことだと思う。
だけど、サービス業の一種をこんな風にとらえている人がいるってことが、すごくショックでした。私の考え方とあまりにも違っていたし。


************


確かにファミレスや安いカフェ、ファーストフードは客層が広くて、言い方は悪いけれど低所得層とか、地元のしょうもないヤンキーも来る。(こういう人たちのことをまとめて母は「相手をする必要のない人たち」と言っていたけど、差別感情も甚だしいわ…。)
個人的にお付き合いする場合だったら、相手を選ぶのは当たり前のことだけど(とはいえ決して学歴や所得や育ちだけでは判断したくない)、たとえバイト店員だとしたって、お店で会えばそのときの関係は従業員とお客様。

お店のランクでサービスの内容やレベルは変わる。
安いチェーン店だと誰にでもわかりやすいマニュアルがあるし、提供できるサービスの幅はすごく限られてて、
お店のランクが上がれば上がるほど従業員はより高次な教育を受けて、マニュアル+αの柔軟性のあるサービスが求められる。
つまりお店のランクはサービスの質に比例する。さらに、(こういういい方はしたくないけど)お客様の質ともある程度比例するのは事実。

だけど、どんなランクのお店であろうと、一従業員が社内でどんな地位にあろうと、サービス(おもてなし)する「気持ち」の根っこは同じであるべきだと私は思う。
つまり、お客様がどんな人であろうと、上層だろうと下層だろうと、おもてなしの心は同じであるべきだと。
具体的なサービス内容や質がお店ランクによって異なるのは仕方ないけど、客層の違いも仕方ないけど、安いお店だからって軽くてきとーな気持ちでサービスを提供していいわけじゃない。
おもてなししたいという根っこの気持ちを、サービスの状況と受け手によって変えてはならない。

その気持ちを直接お客様に伝えられるのは、やはり現場で働く従業員。
どんな高級ホテルの総合職社員でも、まずは最前線でお客様と直接顔を合わせるポジションを経験することになる。
その経験の中で、そのホテルの伝統やプライドや評価を保つのにふさわしい質のサービスを身をもって学ぶ。と同時に、自分はこういうおもてなしが出来るようになりたい、という理想を高めていく。
そして総合職の場合、キャリアを重ねると管理職になって、現場以外の経営にかかわる仕事もしなければいけなくなる。そのころにはサービススキルも、おもてなしの意味も自分の中で発展しているんだろう。
このころには、当たり前だけど、20年ファミレスで働いてる人よりは高次のサービスができるし、より深くおもてなしについて考えるようになっている。

だけど、スタート地点から持ち続けているおもてなししたいという気持ちは同じはず。
生活するためのお金を稼ぐという目的は抜きにして、さらにとんでもない理想論であることは承知の上で言うと、
場所や立場が違っても、おもてなしの心を持ったサービスマンであることにおいては、ホテル社員もファミレスバイトも全く同等。
高級ホテルの高いお金をもらうサービスが偉いわけじゃない。ファミレスではファミレスなりの、ファミレスにあわせたおもてなしの仕方があって、それに関してはホテル社員よりむしろベテランバイトのほうがスキルは上。

高級レストランに来ているお客様だって、別の日にはファミレスを利用する可能性は十分にある。いつもはファミレスだけど特別な日だから奮発して高級レストランに来ているだけかもしれない。
高級レストランに行けばそれなりのサービスを期待している。だけどそれを同じサービスをファミレスでは期待していない。むしろカジュアルで、リラックスした雰囲気を作り出す、マニュアル以上のことはしないサービスを期待している。


つまり私にとっては、
バイト店員としてファミレスで提供するサービスと、
総合職正社員としてホテルで提供するサービスは、
全く同じもの。
お客様がどんな人であるかなんて関係ない。
お客様がどんな人であろうと、どんなお店であろうと、こちらはおもてなしの心を持って、その場にふさわしい、お客様各個人にあわせたサービスができるように、常にスキル向上に努めるべき。


だからもしいいホテルに総合職として正社員採用してもらったとしても、本当はずっと現場で働きたいと思うくらい。
だけどやっぱり、ぶっちゃけお給料もそうだし、組織の上に行かないとできないこともある。現場では目先のお客様にだけ全力のサービスを提供することしかできない。
企業として広く大きく深く、より多くの人に幸せを感じてもらうための努力や工夫は、やはりある程度上に行かないとできない。
そしておもてなししたいという気持ちをより自由に表現できるところは、上にも書いたように、マニュアル+αが求められる場所。
だから、私はいわゆる「一流」であるホテルに入り、上を目指す。


そして母に主張したいのは(今は言うつもりはないけど)、私が飲食バイトをすることに反対してもいいけど、一般的に飲食バイト=水商売、としてマイナスイメージを持たないでほしい、ということ。
少なくともあなたの娘は、たとえ大学生のお小遣い稼ぎのバイトであっても、「相手をする必要のない人たち」にただへこへこパシられに行ってるわけじゃない、あくまでも「おもてなし」をしに行っているのだ、ということ。
現場のサービスとは、おもてなしとは、ただのお手伝いさんや雑用係になることではない。ちゃんとお金をいただいて、精一杯お客様の幸せを創造することなのだ、ということ。
良いサービスとは、店のランクや客の質ではなく、従業員の心あるおもてなしにより生まれるものだ、ということ。



************


サービスという仕事にほとんど共感はしていないというのはわかっていたけど、バイト店員という次元で、ここまで母がマイナスイメージを持っているとは知らなかったなぁ。
なにげない夕食のときの会話で聞いた母の考え方が、私にここまで考えさせてくれました。
私がどうして一流ホテルの総合職正社員として働いて行きたいのかも、簡単にだけど言葉でまとめられたのかな。
サービス業という一つのビジネス、お金をいただく意味も考えるきっかけになったんじゃないかと思います。

母の考え方にこんなに真っ向から反発したのはもしかしたら初めてのことかもしれないんです。でもこのことで母とケンカするつもりは全然ありません。
私も反発できるくらい自分の考え方というものを確立できているんだな、と我ながら驚いたし、自信にもなりました。
やっぱり親と話すって必要ですね(笑)どんな刺激をもらえるかわからない。本当に感謝しなければです。

私が将来、自分に、親に、社会に誇れるサービスマンになれたときにやっと、この今日の私の気持ちを母に話せるかな、と思います。こんなことも実は考えてたんだよ、って。あくまで私が今ここに書いたことは現実を1ミリも知らない平和な学生の戯言でしかないから。もっと身をもってサービスを学んで実践してからじゃないと偉そうに親に言い返す資格なんてありません。それまで覚えてるかな?^^;

この日誌にメッセージ》■TrackBack■  ■Comment■  ■Mail■ 
トラックバックURL
http://www.wangansho.net/trackback.cgi/092570/20110914014300
ごぶさたでした
2011年07月23日00時11分
あらららら、いつのまにかこちらの更新をサボりまくっていました・・・

7月5日に無事、帰国しました。
今はバイトも始めてないし、週2回の大学の部活に行くだけで、あとはたまに友達とごはんに行ったり買い物に出かけたりと、いわゆるニートな生活をしておりまする。

帰ってきてしまえば、10ヶ月間の留学生活はやっぱりあっという間だったなぁという感じです。
最後の1ヶ月はほとんど旅行していてイギリスにはいなかったし・・・^^;
色々と悩んだこともありましたが、そういうのもひっくるめていい思い出になりました。

震災のことで落ち込んだ気持ち、今はもうだいぶ回復していますが、忘れちゃいけないのかなとも思います。
異国の地で感じた日本人としてのアイデンティティ、今後の日本の復興のためになにか自分も力になりたいという純粋な気持ち、それらはずっと持ち続けていきたいです。

この留学で自分の学力や精神力がどれだけ成長したのかはわかりませんが、少なくとも言えることは、周りにいる人たちの心遣いの温かさにあらためて気づくことが出来て、感謝の気持ちを素直にもてるようになったということです。
あと、自分の「ホーム」への愛着がさらに強くなりました。
私が今までたくさんもらってきた優しさ、心遣いを、これからは私からもっともっと周りに伝えていきたいと思います。


ではでは、とりあえず今回はこれで。
お台場行かねばっ!!アンダルシアも見なきゃっっ!!!笑

この日誌にメッセージ》■TrackBack■  ■Comment■  ■Mail■ 
トラックバックURL
http://www.wangansho.net/trackback.cgi/092570/20110723001100
トラックバックとコメント
ただいまです^^
MIIKO捜査員(2011年07月30日10時36分)
おかえりなさい♪
うらん捜査員(2011年07月25日18時23分)
ポジティブ思考
2011年05月11日08時10分
今ツイッターで自分の今までの発言やTLに流れてくる皆さんの発言見ていて、
ツイートにかぎらず、ブログに書かれたものや実際に口に出したもの、そういうことばにして発されるものを、
ポジティブ、ニュートラル、ネガティブの3タイプにざっくり分類するとしたら、
ツイッターはほとんどがニュートラルかな?とふと思いました。
ただの事実報告が多くて、そこに感情はあんまりない。言い方や顔文字では現れるけど。
だけど長く書くブログや、普段人としゃべってることって大体が何かに対するポジティブかネガティブの感情・意見が含まれるなぁと。

…でっていうw

私はツイッターでもたまに少し長めに自分の感情・意見を吐き出すんですが、
ブログやここの日誌の発言と違うのは、
ふと思いついたことをその場でパっと書いてポンって投稿ボタンを押してるわけで、より素直な感情が出てることかなぁと思ったのです。

で、私は常日頃、ネガティブ思考はしないようにしようと心がけていて、
発言においても、ネガティブは言わないようにしてるつもりなんです。
逆にポジティブなことをことばにして、プラスのパワーを貯めようとしているんです。
だから自分のツイートを振り返ってみると、ほとんどがニュートラル、たまにポジティブ、みたいな感じでした。
まあたまにグチっぽいのも混ざってますがw

でも、ポジティブ発言をしているとき(というか、ニュートラルでないとき)のツイートを見てそのとき考えてたことを思い返してみると、その根っこの気持ちは実は逆にネガティブなことも多いのかも…と気づいたんです。
↑これが少々長かった前フリの結論ですw

ポジティブ発言には、言葉の力ってやつのおかげで、その発言から生まれるプラスパワーももちろんあるんですが、
その発言をわざわざしているということは、心の中のネガティブ要素を打ち消す必要があるからじゃん、と。
ほんとにポジティブ心理を保てていたら、わざわざ自分の発言の言葉の力なんて借りる必要ないわけで…。

こう考えてみると、ことばと気持ちの関係って不思議だなぁ、おもしろいなぁ、と思ったのでした。
ことばにかぎらず、元気になれる要素を知らず知らずのうちに探してるってことはちょっと落ち込んでるってことなのかなぁ、人間ってフクザツ、と思ったのでした。笑




発言と心理の矛盾についてはそいえば高校のときにも聞いたことあったよな、って思い出したってのもあったので。
また自分のメモとして…。

この日誌にメッセージ》■TrackBack■  ■Comment■  ■Mail■ 
トラックバックURL
http://www.wangansho.net/trackback.cgi/092570/20110511081000
トラックバックとコメント
うらんさん^^
MIIKO捜査員(2011年05月13日07時26分)
こんにちは〜♪
うらん捜査員(2011年05月11日17時24分)
本日二度目の裏日誌
2011年05月08日14時01分
珍しく連続投稿。

実はこちらイギリスは日曜日朝7時。
眠れずに夜を明かしてしまっています…。

なーんもやる気が起きないんだけど眠くもならないから、動画を色々と漁っていて、
最近ハマり中のRAG FAIRのリーダー、引地洋輔氏がインディーズでやっているLove Diaryというユニットの、震災直後のお知らせ動画をUstで発見。

(すいませんまだ震災のこと引きずってます私;;)

リーダーは福島出身。
3月16日に公開されたその動画では、今かなり荒れてますよ自分、みたいなことを言ってた。
心から笑えてなかった。
ご家族は無事だったそうだけど。
そりゃ故郷であんなこと起きたら平静でいろってほうが無理だ。
でもオトナはできるだけ表に出さないように日々をこなさなきゃいけないんだもんなぁ、オトナって大変だよなぁとか思った。
福島は地震・津波の被害だけじゃないからなおさら辛いだろう。

で、それを見たあともリーダーの優しい歌声を聴いてて、
ふと、もし、原発が私の故郷神奈川にあって今回みたいなことになってたら・・・?
って考えた。
私は原発賛成か反対かって言われてもびしっと結論を出せるほどの知識がないけど、頭じゃなくて心はどうなるかなって、考えた。

もし自分の家族や友達が安全といわれる地域に住んでいて被爆の可能性はないとしても、
ふるさとがメディアで連日取り上げられて、
そんなふるさとを救うべく対応に追われる東電や政府はいろんなことで責められて、
でも何にせよ実際文字どおりに命をかけてなんとかしようとしてくれてる人がいて、
自分の故郷にある原発のせいで被爆した人が実際にいて、
自分の故郷にある原発のせいでいろんな立場の人が傷ついて嫌な思いをして…。

ただ苦しい、って思った。

私は自分が生まれ育ったふるさとの街が大好きで、将来もずーっと住み続けたいとまで思うのに、
そんなふるさとが悪い意味で毎日ニュースになるなんて。誰かを傷つけてるなんて。

別に福島県という存在は何も悪いことしてないのに、今回のことのせいで福島のイメージは確実に悪くなっちゃっただろう。
もはや、誰が悪いとか誰が責任取るだとかどうでもよくなると思う。
ふるさとのために何とかして力になれないものかって本気で考えると思う。

3月16日の時点ではたしか原発の状況もまだわかってなかったから、
動画のリーダーはとにかく震災直後のショックと不安とで精神的に不安定だったんだとは思うけど、
あの笑う元気もないんだけど、でも明るい顔でいなきゃって感じが、見てて苦しかった。
彼のように故郷を離れて生活してる人たちが、不安やどうしようもない怒りのような感情を隠して、笑えるようになるまでには時間がかかったはず。

もしも私が同じような状況に置かれて、
しばらく時間が経ってある程度元気になってきたら、
不謹慎だとか言わずに、
明日からの不安を思い出すこともなく、
くだらないことでも素直に笑えちゃう普通の生活を、どうにかして故郷に戻したいって気持ちが、自然とわいてくると思う。

こう考えてると、
「いつかみんながまた笑顔になれるように」っていうみんながお決まりのように言う文句、
今まではちょっと薄っぺらなフレーズだと思ってたけど、
笑顔になれることほど温かくて身近な幸せってないなって思い直した。

やっぱり、ふっと笑顔になれる小さな幸せが人が生きていく上では必要なんだなって思った。
この震災で、私が、被災してない者として、苦しみを少しも分かち合えてない者として、
考えられること、これからの教訓にできることの一つなのかもしれない。
将来、人の幸せを創造する仕事に就きたいと思ってるわけだからなおさら。

一時的にでもいい、ふっと笑える瞬間を作り出せる人になれたらいいな。
すぐに忘れちゃうような喜びでいいから、誰かに幸せを与えられるようになりたい。
この先、数十年単位での「復興」が必要になるだろう日本で、
今回の震災にかかわった人もそうでない人も、
自分の愛する日本で毎日を生きる人たちの幸せを創造することで、
日本を元気にできたらいいな。



そんなことを考えてみた数時間でした。
自分の記録として。
裏日誌の存在はありがたいですほんと。

この日誌にメッセージ》■TrackBack■  ■Comment■  ■Mail■ 
トラックバックURL
http://www.wangansho.net/trackback.cgi/092570/20110508140100
ぐうたら
2011年05月08日00時56分
久々の更新。
4月は結局一度も書いてなかったのかな?
4月後半はスペインに旅行に行き、最後ロンドンに寄ってロイヤルウエディングを見て帰ってきました。
充実した2週間だった〜今までで一番楽しい旅行でした。



さてさて5月は試験とエッセイ提出。
といってもそんなに切羽詰まってるわけではないので、だらだらとネットサーフィンしたり新たな旅行計画を立てたりしながらゆっくり生活してます。
「ゆっくり」というと多少聞こえがいいかもしれないけど、つまりはぐうたらということです…^^;
今日も10時間くらい寝てしまいましたw




留学中はそれまでと比べてかなりyoutube浸りの生活ですが、
どんなのにハマって見続けているかというのを思い返して、なんでそんなにハマったのかな?と考えてみて、
というかつまり自分のぐうたらを正当化してみようと思いましてw

青木隆治、ウンナン(NO PLAN)、そして今はRAG FAIR。
この三者はみんなジャンルも違うし共通点はあんまりなさそうだけれど、
私として見つけた共通点は、
それぞれの芸を追求する姿勢そのものがエンターテイメントになっている、という点かなぁと。
包み隠さず自分のやりたいことを見せて、嫌味なしで努力する姿を見て、なんだか感動しっぱなしなんですよね〜。

あとは、歌の力。
私は邦楽しか聞かないんですが、それはたぶん、好きになる曲って歌詞が好きになるからで、一度聞いただけでスッと歌詞の意味がわからない洋楽は好きにならないからだと思うんです。
そういう意味でこの三者は、大きな影響を私に及ぼしてくれたので、好きと同時に感謝もしているんです。
好きかつ感謝、というのは踊るに対する思いと似ているんですが…。

青木隆治は最初はそのものまねのレベルの高さと歌のうまさに魅せられたんですが、彼のオリジナル曲、「言葉」と「二つの糸」を聞いて、人と人とのつながりの素晴らしさ、ありがたさを改めて感じました。

NO PLANの「君の中の少年」を聞いて、もっかい目標めざして仲間と呼べるみんなと一緒にがむしゃらに頑張りたいと思って部活の復帰を決めました。

RAG FAIRの「at the circle」を聞いて、震災後になんだか気持ちが晴れない毎日でも頑張ろうと元気になれました。

あとこの三者は、パフォーマンスをしているときの表情が本当にキラキラしてる。楽しそう。
それを見て、やっぱり人を喜ばせる仕事をしたいならまずは自分が喜んで、楽しまなきゃいけないよなって、確信しました。

やっぱりエンターテイナーなサービスマンになるのが私の夢です!!!
歌もうまくないしお芝居はできないしおもしろいことも言えないけど、人の居心地の良さを創造したり心の温かさを伝えることなら私にもできると思うから、まずはちゃんとホテルの仕事に就けるように頑張らなければ!

と、思い直してやる気をチャージすると同時に、カラオケに行きたくて行きたくてうずうずしている今日この頃です〜笑


ではではー。
また長いひとりごと失礼いたしましたm(_ _)m

この日誌にメッセージ》■TrackBack■  ■Comment■  ■Mail■ 
トラックバックURL
http://www.wangansho.net/trackback.cgi/092570/20110508005600
長い長いひとりごと
2011年03月31日11時37分
完全にひとりごとですが、
ここ数日もやもやしてることをそのまま書かせてください。
たぶん何言ってるんだか全然整理されないと思いますが…。
もしお時間があれば読んでいただいて、共感、お叱り、励まし、助言などどんなことでも何かあったら一言いただけると、この悩める小娘の気がだいぶ楽になります。
<書き終わり後追記>いや、本当〜〜に長くなってしまったのでスルーしていただいて大丈夫です、日誌一覧を汚してごめんなさいって感じです…;;









最近、いよいよ日本に帰国することを考えるようになった。
帰ってから、私はホテル業界を目指して就活をすることになるんだけども、
なぜ私はホテルがいいのか、
そしてホテルで何をしたいのか。
就活のためじゃない、自分の将来のためにちゃんと結論を出しておく必要があると思った。
きっかけは何だっていい。
何をしたいのか、その目標があれば、
たとえストレートで自分の希望する進路に進めなくても、
そこからまた先に進む力が湧いてくるし、頑張り続けることができる。

そう考えたときに、
・なぜホテルがいいのか=人の喜びを創造し、その喜びを自分の喜びとすることが何よりも嬉しい瞬間だから
・何をしたいのか、どんな人間になりたいのか=現場の意見を取り入れつつも自分のやりたいことを貫くリーダー
ってことになった。
現場のなんちゃらってのは完全に室井さんのイメージw
だけどああいうリーダーは映画の中だけのものじゃないと信じてて、実現できるリーダーの形だと思ってるので。

自分の好きなことをやって、楽しんでる人って輝いてる。
自分のやってることを楽しめてる人って、自然と周りの人を楽しませることができる。
私が好きないくつかの映画の共通点はそこ。
作ってる人たちが、自分たちがやりたいことをやってるから面白いものが出来てくる。
作品に込められたメッセージよりも前に、「私たちはこれをやるのが楽しいんだ」っていうメッセージ、パワーが伝わってくる。

私が作りたい「幸せ」は、
経済協力とか商品開発とかによる物質的な幸せ(余裕)ではなく、
心による娯楽的な幸せ。
この「娯楽的」っていう面が、芸術が作り出す「幸せ」との共通点なんじゃないかと思う。

日常の中でほんの些細なことから生まれる幸せはたくさんあって普段はそのおかげでみんな元気でいられるんだけど、それと同じくらい気分がふさぐことだってある。そんなときに、プラスアルファの「娯楽的幸せ」があると、立ち直れることがある。
たとえば、映画やドラマ、くだらないバラエティ番組、芝居、お笑い、音楽、美術、漫画、小説、おいしい食事…。
これらと並ぶものが、私の目指す「良質なサービス」なんじゃないかと思う。
というか、芸術的な世界に生きてるキラキラした人たちに憧れるから、無理矢理その憧れに自分のできそうなことを重ね合わせてるだけかもしれない。

上にあげた例を全て芸術っていうくくりにして話すと、
芸術に関わってる人ってみんな、根本的には人を楽しませたいんだと思う。(もちろん受け取る側のことなんて関係なくとにかく自分の内側に渦巻いてるものを表現する芸術もあるけれど。)そしてその手段として、何かしら自分が「やりたいこと」を持ってる。
下積みでそれが具現化出来てない人もいっぱいいるけど、そういう人たちは上に立つ人を見て色んな要素を勉強して吸収しながらもいつか自分の夢を実現しようと色んな努力をする。
そしてその努力が実ってきて自分が上に立って何かができるようになったとき、ついに自分のやりたいことを試して発信してみる。それが受け取った人に何かしらの感動を与えられたら、その人の「心」が届いたことになる。

芸術から得られる「娯楽的幸せ」の特徴は、受け身で得られる幸せであること。
どの形を選ぶか(映画なのか音楽なのか食事なのか、など)は受け手側の積極的選択だけど、そこからどんな幸せを受け取れるのかは、選んだ時点では受け手側にはわからない。
もし、運よく発信者側のやってることが受け手側にも楽しい、面白い、と感じてもらえたら、成功。
(芸術は、あくまでも発信者側が自分のやりたいことをやってる(原則的には)から、必ずしも受け手側に同じように楽しんでもらえるかはわからないという点もある。)

それに対して私がやりたいサービスが提供する「娯楽的幸せ」は、ほとんど芸術と同じ精神で提供するものだけれど、一つ違うのは、受け手側に必ず合わせる必要があるという点。
どれだけ適切に受け手の気持ちや状態をくみ取って、それに合ったサービスを提供できるかが勝負。

そしてサービス業を組織の中でやる限り、リーダーがいる。
自分は将来そのリーダーを目指したい。
組織にいる限りはリーダーにならないと自分のやりたいことを組織としてできないから。
個人レベルでのサービスを下積みでしながら上を見て学び、その経験を踏まえつつ自分のやりたいこと」(いわば信念)を確立していき、リーダーになったときにそれを実現させたい。
そして私が目指したいリーダー像は、上にも書いたように、現場を無視しないリーダー。
現場はもちろん、周りにいる色んな立場の人の意見をしっかり聞いて受け入れること。だけど自分を曲げないこと。
私が思いつく中でこれを実際にやっているのが、映画監督。
つまりうまいことまとめてみると、私が将来的になりたいのは「映画監督型リーダー」。


よし、私の将来像は私の中で出来上がった。
じゃあ、そうなるためにはどうすればいいのか?
優れた映画監督というのは、仕事に関わる知識はもちろん、その人間性が人を惹きつけるものであるはず。
知識は仕事に就いてから勉強して経験すればいい。
人間性の方は、直接仕事に関係がなさそうなことも勉強したりチャレンジしてみることや、周りにいる人たちを大事にすることなどで豊かにできるはず。
ということは今から始められることは人間性の方。
興味を持ったことにはなんでもチャレンジしてみること。なんでもかんでも手を出してみること。バカなことだってたくさんしないと。

そのとき常に忘れてはいけないのが、「実るほど頭を垂れる稲穂かな」の精神。
この言葉は、たしか私が中学生くらいのころに母が教えてくれた。以来、私のモットーともいえる。
意見を聞けるリーダーになりたい、というのもこの言葉が根本にあるから。
ぐいぐい突っ走るリーダーもかっこいいし憧れるしそれが性に合う人はそうするべきだと思う。それでも成功できると思う。
だけど私は特別おもしろいひらめきができる方ではないし(つまり知識不足なんだろうけど)、自分のやりたいこと(=目標)を達成する過程では色んな意見や視点があったほうが楽しいと思う派。
最低限の礼儀さえ守ってくれれば、上下関係なんてどーでもいいし、上に立った者は下に近づいて行くべきだと思う。


…と、こんなことを考えていると同時に、やっぱり芝居(舞台、映画、ドラマ、コメディなどなんでも)の世界への憧れを引きずっている自分もいる。
高校生くらいまで、おこさまレベルのミュージカルをやっていてステージに立ったことがあるからかもしれない。
でもそのとき、ステージに立つのって楽しいと思いながらも、自分はそのステージの真ん中に立つだけの才能と情熱はないや、って諦めた。
だから机の上の勉強で勝負して、今こういうふつーの大学生をしている。
その当時の友達で本気で舞台に興味を持って、演劇サークルいくつも掛け持ちしてるような人もたくさんいるけど、私は今は何もしていない。
だけど好きな映画や芸能人や歌手ができると…「好き」と同時に「私も実はそういうことしてみたい」って思う。
でも、やりたいならやってみちゃえばいいじゃん、っていうほどの勇気はない。
だからガタガタ言ってないでやっぱり普通に就活するしかない。ホテルだって同じようにやってみたいことの一つなんだし。

もし、高1のとき日本映画学校の資料を取り寄せて楽しそうに見ている私に対する、全然本気にしていなくてむしろ「え〜…」って感じの母の反応を無視して逆らって、その道に進んでたら今頃私どうしてただろう、
って最近よく思う。
確かに学力レベルで言えばしょーもない人間の集まりなのかもしれない。
だけど情熱にあふれたおもしろい人たちがいっぱいいる世界なんじゃないかな、って思うと、やっぱり憧れる。
大きすぎる夢を本気で語って、ときにはバカすぎるバカして、だけど情熱だけはあって…。
学校全体がそういう雰囲気だとは思わない。だけどほんの数人、そういう仲間に出会えたらなあって、夢を見てしまう。
今の大学でも、たくさんいい友達ができて、その人たちはとっても尊敬できるけれど、目指す場所はバラバラ。まぁだからこそ知らない世界を知ることができて楽しいんだけど、目指す場所が同じ「仲間」ではない。
根っこが寂しがり屋な性格のせいもあってか、やっぱり「仲間」が欲しい。だから大学に入っても結局運動部に入ったのかも。
お芝居の世界に憧れるのも、一つの作品、一つの感動、一つの笑い、それを目指せる「仲間」を感じられる世界だからなのかもしれないなぁ。



こういうゴチャゴチャした考えを自分なりにまとめてみた結果、
やっぱり「映画監督型リーダー」ってのが私の夢をうまく表現してくれていると思うから、将来像を表す表現として採用!笑

つまり、
・ここまでの生き方やどうしても捨てきれない世間体や親の期待を考えると、就活してホテル業に就くのが一番現実的、
・だけど、ずーっと学生みたいに夢追いかけて自分のやりたいことやってキラキラしてる芸術家たちへの憧れは強い、
・そんな芸術家たちがやっていることを私なりにやるには、リーダーになったときに自分のやりたいことをサービスという形でやるっきゃない、
・そのリーダー像として私が理想・目標とするのは、みんなの意見を取り入れつつ自分の信念を曲げない映画監督的なリーダー、
てことかな、と。





あああーなんだか悶々と自問自答を続ける自分がとても学生っぽくてちょっとおもしろいw
でも最近、旅行したり母親と話したり映画みたりyoutubeでお笑い見たり歌聞いたりするうち、だんだん私はどんなことに対してハッピーになるのかがわかってきた気がして。
文字にしてみればちょっとは整理されるんじゃないかと思ってこの「裏日誌」に書かせてもらいました。

帰国したらもっかいこれ読み返してみよう。

本当に本当に長くだらだらと申し訳ありませんm(_ _)m

この日誌にメッセージ》■TrackBack■  ■Comment■  ■Mail■ 
トラックバックURL
http://www.wangansho.net/trackback.cgi/092570/20110331113700
トラックバックとコメント
ありがとうございますm(_ _)m
MIIKO捜査員(2011年05月09日07時24分)
読んだ(笑)
うらん捜査員(2011年03月31日19時00分)
じしん
2011年03月24日09時47分
地震。

まさか留学中にこんな大惨事が日本で起きるとは。
海外にいて節電も特にしてないし、電車の運休も関係ないし、計画停電もないと、実感がない。

でも最低限でも出来ることをと思い、募金は最初の地震発生直後にYahooでしてみました。

ほかの国はどうだかわかんないけど、少なくともイギリスはかなりこのことに対して関心を高く持ってくれているように感じます。
ニュースでは連日かなりの時間を割いて報道してくれてたし、
このことで心配してわざわざ声をかけてくれた人もいました。
まあニュースと言ってもこちらのは原発のがほとんどで、
やはり被災地の状況や救助活動の情報を得られるのは実質NHKのUstのみ。

みんな頑張っているのは当たり前。
政治家だって、最終目的はなんだか知らないけども、とにかくアクションをおこしている。
枝野さんを神格化するのもどーかと思うけど、文字通り寝る間を惜しんで動いてくれてるのは事実。
現地で救助活動にあたっている人は、もう気が変になるかもしれない状況で動いている。
マスコミだって、真実をすぐに伝えたいけど国の方針にも従わなきゃいけないっていう葛藤の中で必死に情報を提供し続けているはず。
被災していない日本人も、節電したり募金したり情報流したりしてる。
海外にいる日本人も募金活動したり在日外国人のために情報を翻訳したりしてる。
この海外在住の日本人の視点に立てているのは非常に貴重な経験。

外国人のみんなも、関心を持ってくれている。
具体的なアクションを起こしていないにしても、関心を持ってくれるだけでも協力だと思う。


この試練で、私が学ぶべきは何だ?
離れた土地からでも、経済力がない学生の身でも、できることは何か考えて実行すること?
まだまだ他人事な現地人に注意喚起すること?
情報だけは途絶えさせないようにすること?
メディアリテラシー?
今後同じような災害が起きた時のための準備をすること?
この危機的状況の中でそれぞれの立場の大人たちはどう動くのかを見ておくこと?

何もできないのは悔しい、悲しい、もどかしい。
でもじっとしてるしかない。
これは天災なんだからデモ起こせない。
正しい情報を得ることが、今、私ができることだと思う。

自分の家族親戚友人は幸いにも皆無事だったので、
「関東じゃなくてよかった」って思ってるのは事実。
私にとっても結局は他人事。
だけど、こっちにきてからさらに愛するようになった日本という母国。
その母国が、そこにいる人間が、混乱している。傷ついている。
日本、だいすきな日本。
私がこっちに来てから将来のテーマとして意識するようになった「心」を少なからず国民性として持っている国。
現実はどうなのかわからないけど、伝わってくる限りは治安が保たれているのは確かに評価されるべきこと。
皮肉だけれど、この地震・津波を通してさらに強く日本人であることに誇りを持つようになってる。

西日本の人ともしかしたら似たような心境なのかも。
首都圏は、停電や交通マヒって形で痛みを分け合える。
けど電気を分けられない西日本や、海外は分け合えない。
「悲しいよね」「大変だよね」って言いあってテレビにかじりつくことしかできない。
ひたすら不安。
だけど社会生活から離脱することは許されない。
どうしようどうしようどうしよう。
今は何をしても不謹慎な気がしてしまう。
でも元気な私は元気に毎日を楽しく過ごすのが務めだとも思う…。
実際、最近はもう普通の精神状態で毎日を楽しむ余裕ができています。


帰国するまでこのもやもやは続くかな。
だんだん薄れていくけど、帰国するときには絶対思いだすだろう。
そして複雑な気持ちになるはず。
ついに現実に目を向けなきゃいけないんだ、
苦しんでいる母国についに足を踏み入れて私も「国民」に戻るんだ。



私みんなみたいに行動力もないし頭もよろしくないけど
考えよう。もやもやして不安と戦おう。

この日誌にメッセージ》■TrackBack■  ■Comment■  ■Mail■ 
トラックバックURL
http://www.wangansho.net/trackback.cgi/092570/20110324094700
トラックバックとコメント
うらんさん!
MIIKO捜査員(2011年03月26日21時49分)
こんにちは。
うらん捜査員(2011年03月24日14時21分)
最終日
2011年02月06日11時34分
湾岸ミュージアムカフェ、何度かの延長がありましたが、
ついについに、今日が最終日ですね!
twitterを見てると、ちょうど今頃、捜査員の皆様が続々と現着されている様子…。
私は一度も行くことなく終わってしまいます…当たり前ですが^^;
夏には一時的にでも復活することを願って!!

実はいまイギリスは夜中の2時半なんですが、もう湾MCに行きたくて行きたくて捜査員の皆様に会いたくて会いたくて死にそうになって眠れないでいますw
twitterに皆さんが載せるワッフルとかカレーとかの写真見たらお腹すいてきちゃってお茶漬け食べてますww

さらにOD3のサントラも聞いてるんですが…
なぜ踊るシックを助長するようなことをわざわざしてるんでしょう私w

このまま今日は眠れないかも;;
まあ明日は日曜日で何も予定がないのでよしとします^^;
カフェの閉店って18時でしょうか?それまでずっと起きてようかなぁ。

20日のオフ会の日もこんな感じで眠れなくなりそうだなぁ…笑

この日誌にメッセージ》■TrackBack■  ■Comment■  ■Mail■ 
トラックバックURL
http://www.wangansho.net/trackback.cgi/092570/20110206113400
DVD発売じゃああああ
2011年02月02日22時45分
まだ日本が2月2日のうちに日誌書こう!!!笑

いよいよ発売日ですね!
昨日届いて早速見ちゃった方もたくさんいらっしゃるようですが笑

私も予約してたので実家には届いたそうなんですが、さすがに母にわざわざ郵送してもらうのも悪いので、7月に帰国するまで我慢です!

でもでも皆さんのツイートとかBBSとか見てるともうめちゃくちゃOD3シック!!!!!!!!!!!
見たいーーーーーーーー
それで感想や「〜さん映ってましたね!」みたいなこと言いたいーーーーー笑


で、でも我慢して勉強します><;

この日誌にメッセージ》■TrackBack■  ■Comment■  ■Mail■ 
トラックバックURL
http://www.wangansho.net/trackback.cgi/092570/20110202224500
トラックバックとコメント
うらんさん^^
MIIKO捜査員(2011年02月06日06時26分)
お疲れ様です♪
うらん捜査員(2011年02月03日18時01分)
新しいスタート
2011年01月31日07時34分
もう1月も終わりか…


さて、また裏日誌ですが(笑)
今週、いよいよSemester2が始まりました。
授業は、3コマのみ。ものすごーく暇な時間が多いんですが、その暇な時間に、まずは英語の勉強をし始めました。

なにかの授業のためのリーディング/ライティング、ではなく、大学受験のときにやっていたような、英語のための英語を勉強したい、しなければ、と思ったので、去年のうちに母に頼んで送っておいてもらっていた「英文法の論理」という本を使って、始めています。
この本を書いた斎藤兆史という人のことは受験時代の予備校の先生が紹介していたので知っていて、気になりつつもずっと読めていなかったのです…。
いまどきの英語教育の流行からすると「古い」と言われてしまうのかもしれないんですが、「英語はやっぱりガチガチの文法からやるべきだ」という考え方の人です。

「聞き流してるだけで英語ペラペラ」とか、「1日5分で!」とか、「すぐ使える便利フレーズ100」みたいな、簡単さ・安易さがウケる今日この頃ですが、
一度英語以外のことばを母語としてしまった大人が本当に英語を習得したいなら、やはり文法をしっかり身につけて、それを使う練習を何度も何度も、体にしみこむまでやるべきだ、ということです。

スポーツの素振りと同じです。
「聞き流してるだけで〜」というのはつまり、「毎日野球中継見てるだけであなたもイチローに!」みたいなもんでしょうかw
(これは今わたしが勝手に考えたたとえですww)
スポーツでも音楽でも、まずは基礎の基礎から始めて、少しずつレベルアップしていって、その積み重ねが実践で(たとえば試合とか本番の演奏とかで)いかされてくるんだから、英語もそれと同じだ、ってわけです。

この考え方に私はとっても同感で、私自身も高校のとき文法をみっちり教え込まれたからこそ、今はあの当時よりは英語が使えるようになってるのかなぁ、と思っています。

…と、話は逸れましたが^^;
とりあえず英語の勉強を始めました。

これを「内面の」新しいスタートとするなら、「外向きの」新しいスタートは、大学のアルティメットチームの練習に参加してきました。
(アルティメットというのは私が大学に入ってから始めたフリスビーを使うスポーツです)
実は去年の夏に足をねん挫して、それもあって前期はチームに参加するのを躊躇していたんですが、「新しい友達作るならやっぱスポーツだろ!」と思い(笑)、水曜日に初めて練習に行ってきました。
今日(日曜日)もがっつり参加してきて、まだまだ英語は聞き取れないし、せっかく話しかけてもらっても気のきいた返しはできないけど、なんとかプレーはできました。
知っているスポーツなので、プレーのことを話しているときは一応大体の内容は理解できたし…。
チームの雰囲気もキツすぎずゆるすぎずで丁度いいので、今後も続けていこうと思います♪



実はこの2つの新しいスタート、まだだーれにも言ってないんです、友達にも母にも。笑 てことで裏日誌です。
これを継続できたら、言おうかなと思って。
まだまだ1週目ですから。
これを続けていけるかどうかが、本当に世界を広げられるかを決めると思います。
頑張ります!


でもでも、不思議なことに、今週は友達に映画に誘ってもらえたり、ごはんに誘ってもらえたりして、なんだかいいこと続きなのです♪
なにかしら自分磨きをすることで自分の内側にプラスのパワーを貯めると、その貯めたパワーがまた新たないいことを引き起こしてくれる、っていう話を聞いたことがあるんですが、まさにそれです。
自分でもびっくりです!
これからも、小さいことでいいからちょくちょくプラスのことが起こるといいな^^そのためにもまずは自分でプラスを貯めることを続けなければ!!


ではでは〜
また長々とひとりごと失礼いたしました〜

この日誌にメッセージ》■TrackBack■  ■Comment■  ■Mail■ 
トラックバックURL
http://www.wangansho.net/trackback.cgi/092570/20110131073400
トラックバックとコメント
うらんさん^^
MIIKO捜査員(2011年02月02日22時08分)
無題
うらん捜査員(2011年01月31日18時04分)
イギリスの魅力
2011年01月16日07時42分
もう新年明けてから半月も経ってる…;;
早すぎるーーー><



前回あけおめ日誌を書いた後、もいっちょ旅行に行ってきました。
行先は、アイルランド!
首都ダブリンと、ダブリンから真西に島を横断した海岸沿いにあるゴールウェイという小さい街に行ってきました。
緑の都といわれるアイルランドにこんな真冬に行ってどうする…という感じもしましたが^^;十分楽しめました〜♪

イギリスと非常に似てるので、新しい発見はあまりなかったのですが、やはりイギリス、アイルランドの魅力というのは、「田舎であること」かなぁと思います。


フランス、イタリア、スペイン、ポルトガル、ドイツ、オーストリア…などなど大陸ヨーロッパにはそれぞれ過去にきらびやかな歴史があって、建造物や芸術の華やかさや輝きにおいてはイギリスは到底敵いません。
もちろんイギリスも他のヨーロッパ諸国と同様、豪華絢爛の極みを誇った王家の歴史があって、東インド会社に代表されるように一大貿易国家としての歴史も持っています。宗教戦争の歴史もあって、独特の宗教文化があります。
王家の華やかさは今も残っているし、国民が本当に女王様を愛しているのが伝わってくるとっても温かくていい国だと思います。

だけど労働者階級の泥臭さも歴史の中で大きな存在感を持ってるし、なにせ産業革命といえばイギリスだし、この国において「文化」といえば上流階級だけじゃないのです。中流・下流の人々の庶民文化こそがイギリスの空気を作ってると思うんですよね〜。
庶民文化はもちろんどんな国にだってあるけど、イギリスは特にその色が濃いように思います。

あと地続きの大陸ヨーロッパとはちょっと違った民族闘争の歴史も、イギリスの大きな特徴の一つ。

そしてその庶民たちが暮らしてきた「田舎」を大事にしよう、それこそが我が国のいいところだ、と庶民自身がちゃんと感じて、守り続けているのがイギリスのいいところかなぁと。

イギリスを観光するときは、ガイドブックに載っているような博物館とか、豪華なステンドグラスがある大聖堂だけじゃなくて、なーんにもないところに羊や牛がぽつぽついる田舎の風景だとか、レンガや石を積み上げて造られた重厚なお城、労働者階級が毎晩飲み明かしていた歴史を持つパブ、そういうところに行くべきだと思います。

これから何人か日本から友達が遊びに来てくれるんですが、そういうイギリスの魅力を伝えられたらと思います!!


それと、もっとほかのヨーロッパを知りたい!!
単純に知らないところを見るって楽しいし、イギリスになじんできた私の目に、ほかのヨーロッパ諸国がどう映るのかもちょっと気になります。
てことで、帰国までのあと半年くらいの間、できるかぎりブリテン島脱出旅行しようと思います!笑



長々と失礼しました〜m(_ _)m

この日誌にメッセージ》■TrackBack■  ■Comment■  ■Mail■ 
トラックバックURL
http://www.wangansho.net/trackback.cgi/092570/20110116074200
トラックバックとコメント
うらんさん^^
MIIKO捜査員(2011年01月31日07時32分)
へ〜(^-^)
うらん捜査員(2011年01月17日18時36分)
Happy New Year!!
2011年01月03日08時47分
もう3日になってしまいました…
あけましておめでとうございます!


今年は人生初の海外での年越しになりました^^
年明けの瞬間は、エディンバラにおりました。Hogmanayという新年を祝うお祭りがいろんな都市でそれぞれ開催されるんですが、エディンバラのは大きくて特に有名なんです!

街の中心に移動式の遊園地が来ていて、31日には道路が封鎖されてホコ天になっていくつも野外ステージができて、夜9時からさまざまなアーティストが出てきてお祭りを盛り上げます。
21,22,23時にエディンバラ城からカウントダウンの花火があがり、いよいよ2011年の瞬間には、大スクリーンで20秒前からカウントダウンが始まり、世界中から集まってきた人たちと一緒に数え、0の瞬間に大きい花火がたくさん、あがりました!!

家でゆく年くる年を見ながらごーんって迎える新年もいいけれど、こういう風にテンションMAXで盛り上がりまくって迎える新年というのも楽しいものでした!!
なかなかできない経験だったと思うので、ほんと行ってよかったです♪


クリスマスにはドイツにおりました。
自分の寝坊と大雪のせいで色々とトラブル続きだったんですが…無事ミュンヘンでドイツ留学中の高校の友達と落ち合って、一緒に楽しいクリスマスを過ごせました^^


そして5日からはアイルランドに行ってきます!
ほとんど何も計画立ててないのでどうなるかわかりませんが…楽しんでこようと思います♪


この冬の旅行はたっくさん楽しいことがあったので、エッセイと試験が終わったらまたゆっくり書きます♪




とりあえず、明日明後日でエッセイを仕上げるために今日は何もせず寝ます〜




ではでは!
今年もよろしくお願いします!!
SP革命編や黒田は見られないけど、そのぶんこっちで充実した時間を過ごせるように頑張っていこうと思います!!!
また落ち込んでちょい鬱な裏日誌を書くかもしれませんが、お許しくださいm(_ _)m

この日誌にメッセージ》■TrackBack■  ■Comment■  ■Mail■ 
トラックバックURL
http://www.wangansho.net/trackback.cgi/092570/20110103084700
トラックバックとコメント
うらんさん^^
MIIKO捜査員(2011年01月16日08時18分)
ひとみさん^^
MIIKO捜査員(2011年01月16日08時12分)
ちょっと遅いですけど(^_^;
うらん捜査員(2011年01月11日16時55分)
おめでとう!
青島ひとみ(2011年01月09日09時30分)
反省…
2010年12月09日08時55分
うーんやっぱりここって本音を書ける「裏日誌」です。


先週末、3つある期末課題のエッセイのうち一番軽いやつが終わりました!いえーい^^
ま、大変なのはここからなんですけど…。



なんか最近、あまりにも自分の英語speaking能力が向上してないことにうんざりしてばっかりです。
謙遜とかじゃ全然なくて、ほんとに英語しゃべってないんですよね…もともと全然しゃべれない状態で渡英した私が、ある日突然しゃべれるようになるわけもなく…。
しかもこっちに来てから仲良くなった友達が、同い年で、私と同じように初留学なのに、ぺらっぺらにきれいな英語をしゃべる…まあ彼女は日本にいるときすでにEnglish speakerの友達が何人かいたそうですが…。
フランス語もうまくしゃべるから耳がいいんだろうし。
落ち込むんだなぁ…一緒にいると。
もう今週でSemester1の授業は終わっちゃって休暇に入るので、とりあえずはエッセイ終わらせることに集中するとして。

Semester2に入ったらもっと自分から英語でコミュニケーションをとれる場に飛び込んで行こうと思います。
Seme1からそうするべきだったんですけど、なんかめんどくさがっちゃってぐだぐだしてるうちに時が過ぎてしまった感じ…もったいないことしました。後悔はんぱないし、反省しないとです;;;;
どんなコミュニティでだって最初はなじめないもの。当たり前なんだけど、「英語が…」って思ってしまってどうしても尻込みしてしまう私…。結局いろんなことから逃げてしまった。
これじゃなんのために留学しに来てるのかわかんないですよね;;
最初の気まずさを乗り越えてこそ友達もできるだろうし、英語も上達するんですよね。

今までの人生でこれといった大きな壁に自分からぶち当たった経験がなかったので、未知のものに自分からわざわざつっこんでいくのが、ほんと〜〜〜に怖い。
ぬくぬくと自分の生きていきやすい範囲でだけ生きてきたから、わざわざ困難を選ぶのが、怖い。
でもつまり、それなりの人間的成長をできるチャンスがやっと来たってことですよね。
他の人にとっては困難でもなんでもないのかもしれないけど、私にとってはとてつもなく大きくて厚くて高い壁。まずはこれを乗り越える努力をしてみないとですよね。
そのためにここにいるんだもんなぁ。
とってもエネルギーが必要で勇気も必要だろうけど、こういう困難にぶち当たるっていう経験は誰もがどこかでしてるはず。
私だけ逃げてちゃだめだ!ずるい!
いつか道が開けることを信じて、辛くても頑張ってみます。

そもそも「辛い」って思ったことが今までほとんどなかったんですよね…21年間生きてきて^^;
一体何をしてきたんだか…

体力も精神力も、無理矢理にでも奮い立たせて、来年からはチャレンジしていきます。
幸い授業は少ないから、自由に勉強したりsocializeしたりする時間は多いはず!!



さてさて…エッセイやろう。
冬休み中に旅行の予定を入れすぎたせいで、出発前にはほぼ終わらせておかなきゃいけなくなりました^^;
がんばりまーす。



またまた鬱なひとりごと日誌、失礼いたしましたm(_ _)m

この日誌にメッセージ》■TrackBack■  ■Comment■  ■Mail■ 
トラックバックURL
http://www.wangansho.net/trackback.cgi/092570/20101209085500
トラックバックとコメント
ひとみさん^^
MIIKO捜査員(2011年01月03日08時43分)
ひとみさん^^
MIIKO捜査員(2011年01月03日08時43分)
うらんさん^^
MIIKO捜査員(2011年01月03日08時41分)
こんばんは☆
青島ひとみ(2010年12月11日23時10分)
こんばんは〜♪
うらん捜査員(2010年12月09日19時40分)
ひとりごと
2010年11月20日04時36分
留学用に書いているamebaブログ、
自分の日記として以外にも、母への報告の役目も果たしているのですが、
つまりてきとーには書けないというか、それなりに元気のあるときに楽しい感じで書かなきゃなんです。
でもちょっとそのエネルギーが出ないので、今…;;
気楽に書けるここでゆる〜く日誌書いてみます。
別に特に書くことがないってわけじゃないんです。ただ気をつかいながら書くのが今めんどくさいだけで笑



ホームシックも手伝ってか、ちょっとテンション落ち気味な今日この頃…
暗くなるのも早くなってきたし寒いし…
あと期末のエッセイ提出に向けてちょっとずつ動かなきゃいけない、っていうストレスもあるかな^^;

とにかく何をするにも力が入らないような日がしばらくあったのですが…
ここ1,2日、ちょっと回復したかな?
今日の夕飯はてきとーに、ミニマッシュルームとじゃがいもとにんじんを一緒にしょうゆと酒で味付けして水気がなくなるまで煮込んで、最後にバターを混ぜたんですが、これが予想以上においしくて…!
てきとーに作ったものがおいしいってことはちょっと調子が上がってきた証拠かな♪と前向きに考えることにしました^^


勉強からの逃避で、
自分が中学生のころ見ていた「ウエディングプランナー」をネットで探してみてるんですが、あれいいドラマですね!!!!
中学生のときも確か毎回のように泣いてたけど、今見るともう毎回毎回号泣…。嗚咽を抑えるのに必死、みたいな感じです笑
結婚って難しいんだなぁ、でも幸せな瞬間だなぁ、って感じるとともに、
ウエディングプランナーって素敵な仕事だなぁ、と思います。
もちろんあれはドラマだからかなり美化されてて実際の現場ではあんなドラマチックな展開はありえないんだろうけど(笑)でもやっぱり、誰かの人生における大切な瞬間の演出をお手伝いできる仕事って、素敵です。

私はこの留学が終わったらすぐ日本で就活することになるんですが、
アバウトな自分の将来像は、「心地よさの創造」をできる仕事なんです。
私のいう「心地よさ」のほぼ全てを備えているのがホテル。
ホテルは宿泊するだけではなくて、ロビーでお茶したり、レストランでいつもよりちょっと特別な食事をしたり、宴会場を貸し切ってパーティーを開いたり、結婚式を挙げたり、おみやげ屋さんでホテルメイドのお菓子やパンを贈り物用に買ったり…
ホテルを訪れる人は皆、なにかちょっと「非日常」を求めて来る。
それは日常の一部でしかないけど、そのほんの一部だけでも素敵な時間にしてあげたい、って思うんですよね…。
「宿泊」と一言でいっても、その目的は様々。
ビジネスで出張に来ていたり、観光だったり、家族との思い出作りだったり、恋人のために頑張ってお金貯めてやっと一泊できたのかもしれなかったり(笑)、そのホテルのファンでいつも同じ時期に泊まることに決めていたり…。
とにかくホテルは仮の住まい、仮の場所でしかないけれど、だからこそ、その「非日常」を快適に過ごしてもらいたい。

えっと話飛んでますが(笑)、
つまり、ウエディングプランナーを久しぶりに見て、
やっぱり私って人の幸せを作ることを仕事にしたいなぁ、って改めて感じたんです。

夢見すぎてるといえば確かにそうなのかもしれないんですが、ちょっといいホテルに行くときって、誰しも「夢」を見て行くじゃないですか。夢っていう表現は大げさかもしれませんけど^^;
その夢を一緒に作る、むしろそれをいい意味で裏切ってよりよい思い出にしてあげるのは、現実的に可能だと思うんです。

頑張ります、ホテル業に就いてみせます。
現実はそんなに甘くないはずだけど、誰かの幸せや喜びのために、裏で必死の努力や苦労があるのって、当たり前だし、それを心からできるのってかっこいいと思う。
誰かの幸せを心から願える人になりたいです。さらにそれを仕事にできたら自分も幸せ。
さらにホテルって、ほんとに「お客様は神様」精神だけでやっていたら、ビジネスとして成り立たない。
利益もしっかりあげつつ、よりよいサービスを提供していくっていうホテルマンとしてのプロ精神も、単純にかっこいいと思います。

こういうことに気づいてから、「客」の立場としてサービスに触れるとき、自分はあくまでも顧客なのであって「神様」ではないんだ、サービスをしてくれるお店の人やホテルの人に敬意と感謝の念を持って接するべきなんだ、と思うようになりました。
自分のために働いてくれている人に、お金という報酬だけでなくて、心でお返しをするのは当たり前のことだと思うからです。



いいホテリエになるために、今できることは何か…それを見つけるのが今の課題です。
正直、大学での勉強は直接の関わりはない。けどそれがなんだ!勉強以外にも大学生だからこそできること、大学生だからこそ使える時間があるはずなので、それを有効に使って、いつか見つけようと思います。


見えない将来のことを悶々と考えていると気分が落ち込むのは当然のこと…でもこれって誰もが一度は経験することですよね。
めげてる暇はありません。

どうしても外に出る元気が出なかったり、
英語がうまくしゃべれなくて落ち込んだり、
なかなかエッセイが進まなくて悲しくなったりするけど、
すべていつかどこかで自分の糧として役に立ってくれると信じて、頑張りぬくしかありません。




と、自分を励ますためだけのようなひとりごと日誌になってしまってごめんなさいm(_ _)m




明日はliverpoolまで一人day trip!!晴れてくれ〜

この日誌にメッセージ》■TrackBack■  ■Comment■  ■Mail■ 
トラックバックURL
http://www.wangansho.net/trackback.cgi/092570/20101120043600
トラックバックとコメント
ひとみさん^^
MIIKO捜査員(2010年11月27日07時20分)
うらんさん^^
MIIKO捜査員(2010年11月27日07時18分)
こんにちは〜☆
青島ひとみ(2010年11月25日14時36分)
こんにちは〜♪
うらん捜査員(2010年11月24日18時19分)
ホームシック
2010年10月21日07時55分
あんまり認めたくないんですが、たぶんいわゆるホームシックになってます。

twitterでodoru_botをフォローしてるんですが、昨日くらいかな?室井さんの「青島っ!!」ってのがツイートされてて、それがなんだかとってもとっても私をホームシックにさせています…笑
室井-青島の関係は私の最も理想とする上司部下像なんですが(多くの人にとってそうですかね)、その憧れを突然思い出しました。
自分もああいう上司に出会いたいし、ああいう上司に自分自身もなりたいと思っています。まああくまでも理想なんですが…現実はそうやさしくはないんでしょうね。

そんなことを考えていたら、この夏、何人かの捜査員の方々にもお会いして、一緒に踊れたという素晴らしい思い出がどんどんよみがえってきて、とっても切ない感じに…。

OD3のポスターを寮の部屋に貼ってるんですが、湾岸くんのぬいぐるみも机に置いてるんですが、バスタオルも目覚まし時計も湾岸くんなんですが、
なんか…なんだか…ただひたすら寂しいんです。
OD3の上映がもうそろそろ全国的に終わっちゃうからっていうのもあります。
たぶん日本にいたとしても、上映がどんどん終わってしまうのを見て同じように寂しく感じてるんだとは思うんですが。

やっぱりコンプリートDVD BOX持ってくればよかったかな…OD2しか持ってこなかったんです><;


もちろん日本の家族や友達、食べ物や文化はものすごーく懐かしい。
でもインターネット様のおかげで日本の人たちとは連絡が取れるし、日本食も自分で作ればある程度はなんとかなる。文化の違いも楽しむ余裕がある。
こちらで新しい人たちと出会って英語で必死にコミュニケーションを図ろうとして通じたときはとっても嬉しくて楽しいし。

だけど踊るはどこをどう探しても自分の部屋にしかない!!!
ううー寂しいー


と「寂しい」ばっかり言っていると寂しさは増すばかりなのでもう言わないようにします!笑



ではでは。

ジャイアンツがんばれー!!!!

この日誌にメッセージ》■TrackBack■  ■Comment■  ■Mail■ 
トラックバックURL
http://www.wangansho.net/trackback.cgi/092570/20101021075500
トラックバックとコメント
ひとみさん^^
MIIKO捜査員(2010年10月27日10時16分)
こんばんは!
青島ひとみ(2010年10月25日21時21分)
うらんさん^^
MIIKO捜査員(2010年10月24日05時03分)
こんにちは〜。
うらん捜査員(2010年10月21日17時46分)
実は留学中です
2010年09月26日19時38分
お久しぶりです!

od3もセカンドランに入って大きい劇場でも1日1回の上映とかだいぶ縮小されているようですね〜。
本店も今月いっぱいで閉まっちゃうし、寂しい限りです;;

で、実は私いま留学中でして、イギリスにいます。
od3ファーストラン最終日まで日本にいることができず…9/13には飛び立ちました。
てことで今こちらにきてちょうど2週間くらい経ちました。
約10カ月、来年の6月までの留学です。
イギリスのリーズというところで、ロンドンからは電車で3時間ほど、ブリテン島のちょうど真ん中らへんです。
大きなショッピングセンターがあるので結構栄えてはいるんですが、やっぱちょい田舎、って感じでしょうか…^^;

大学の寮に住んでいるのですが、od3のポスター、ばっちり貼ってます。
あと湾岸君アラームクロック、ぬいぐるみ、マグカップ、バスタオル(od2のときの)などなど、踊るグッズに囲まれた幸せな生活です笑

実はamebloやってます。
とーーーーっても暇な方はよろしければのぞいてやってください。
http://ameblo.jp/m1iko/

ではでは〜
近況報告でした。

この日誌にメッセージ》■TrackBack■  ■Comment■  ■Mail■ 
トラックバックURL
http://www.wangansho.net/trackback.cgi/092570/20100926193800
トラックバックとコメント
うらんさん^^
MIIKO捜査員(2010年10月10日09時58分)
こんにちは(^-^)
うらん捜査員(2010年09月28日19時54分)
twitter使ってる方へしつもんです
2010年08月15日15時22分
twitterのアイコンに、WPSコインを入れるのってどうやるかご存じの方いらっしゃいますか?
こういうことにはまったく疎いもので・・・^^;

もしよろしければ教えてください!



昨日は部活帰りに川崎のTOHOで4回目を見てきました。
今回は誰か目線で感情移入しながら見てみよう、と思って見始め、最初はすみれさんのつもりでいたんですが、途中で、「あれ、これ今までと変わらないぞ?」と気づいて・・・
つまり今まで自分は知らぬうちにすみれさん目線で見ていた、ということになりますねぇ。
ということで途中から青島目線にチェンジ。
そうしたら全然違いました!
泣き所が違う、というか、泣いてる場合じゃないんですね、死ぬ気になったら。笑
最後に真奈美様を新湾岸署まで連れてきて本店に引き渡すところも、自分の当然やるべきことをしたまでなので、ああよかった、という安心感と、こうするのが自分の役割だもん、という割り切った感じに共感できました。
そのあとけろっとして湾岸署メンバーのもとへ戻っていって、強行犯係のみんなと顔を合わせたときも、「おーよかった無事で!!!」みたいな感動はないじゃないですか。あれもよーくわかりました。
青島も、ほかのみんなも、それぞれがやるべきことを果たしてきた後で、かつそれを互いに信じてたから、当たり前のように日常的な会話ができたんですねぇ。

なかなかおもしろかったので、もう一度青島目線で見てみようかな。

あとはスリアミとか?魚住さんとか?笑

この日誌にメッセージ》■TrackBack■  ■Comment■  ■Mail■ 
トラックバックURL
http://www.wangansho.net/trackback.cgi/092570/20100815152200
トラックバックとコメント
Why does this have t
Armin(2015年07月21日21時37分)
ポスター
2010年08月11日02時30分
なななんと、当たりました!

今日家に帰ってきたら、東宝宣伝部から筒が届いていて…

嬉しすぎて思わず叫びましたw

本当に5枚入ってるんですね〜…

感激☆

しかしこの喜びを直接伝えられる人が母しかおらずw
twitterでつぶやいて、ここでも書いちゃい真下…笑

これどうしよう、全部飾るスペースがうちにはないー!!!

この日誌にメッセージ》■TrackBack■  ■Comment■  ■Mail■ 
トラックバックURL
http://www.wangansho.net/trackback.cgi/092570/20100811023000
トラックバックとコメント
ありがとうございます!
MIIKO捜査員(2010年08月15日16時26分)
ポスター確保おめでとうございます♪
うらん捜査員(2010年08月11日19時21分)
ありがとうございます〜^^
MIIKO捜査員(2010年08月11日13時53分)
おめでとう!
青島ひとみ(2010年08月11日11時17分)
大ヒット御礼舞台挨拶!!!!
2010年07月17日00時13分
とれましたー!!

メディアージュ、18:10の回です。

今回は本気で捜査員の皆さんとお知り合いになりたいと思っているので、同じ回にいらっしゃる方、ぜひコメントください!!

この日誌にメッセージ》■TrackBack■  ■Comment■  ■Mail■ 
トラックバックURL
http://www.wangansho.net/trackback.cgi/092570/20100717001300
みいこ生きてますよー!笑
2010年07月01日23時12分
いよいよですね、OD3!!!

ちゃんとみいこも生きてます、踊ってます!
twitter、「M1iko」です!引き続きフォロー募集中です!お願いします!!

と言っても試写会も外れてしまい、
イッキミ、初日も断れない用事ができてしまい参戦できません…

残念すぎる。

こうやって捜査員の皆様とお会いできる貴重なチャンスを逃していますorz

この支店のオフ会なんかもあるとうれしい…な♪なんて♪

グッズにどれだけ散財するかが今から怖いですね…まぁ踊るのためですもの、いいですよね!


なんか特に書くことないような気もしてきたんですが^^;
どうしてもテンションあがるのが押さえきれないのでとりあえずこちらでも生存のご報告をと思いまして!笑


今後、また捜査員の皆様とお会いできるようなイベントや企画があれば、今度こそ参加しようと思ってるので、よろしくお願いします!!!!!!!!

この日誌にメッセージ》■TrackBack■  ■Comment■  ■Mail■ 
トラックバックURL
http://www.wangansho.net/trackback.cgi/092570/20100701231200
トラックバックとコメント
おお!それは今回もぜひ…!
MIIKO捜査員(2010年07月02日21時29分)
以前ここのオフ
クレオパトラ捜査員(2010年07月02日12時50分)
フォローお願いします♪
2010年02月17日00時32分
皆さんどんどんツイッター登録してるみたいですね^^
実は私もちょっと前から登録してるので、暇があれば皆さんを見つけ出してフォローさせてもらっちゃおうかと思います♪

ちなみに私のtwitter nameは「M1iko」です☆すいませんややこしくて・・・^^;

めちゃくちゃ暇な方がいらっしゃればフォローしてもらえると嬉しいです!!

よろしくお願いします*^▽^*

この日誌にメッセージ》■TrackBack■  ■Comment■  ■Mail■ 
トラックバックURL
http://www.wangansho.net/trackback.cgi/092570/20100217003200
トラックバックとコメント
フォローさせてもらいました!
MIIKO捜査員(2010年02月20日23時11分)
私も‥
うらん捜査員(2010年02月19日19時32分)
ついったぁ♪
青島ひとみ捜査員(2010年02月18日00時36分)
こんにちは!
うらん捜査員(2010年02月17日17時05分)
しつもん!
2010年02月11日22時10分
素朴な質問。

スタッフさんへの差し入れってどこに送ればいいんでしょうか?

この日誌にメッセージ》■TrackBack■  ■Comment■  ■Mail■ 
トラックバックURL
http://www.wangansho.net/trackback.cgi/092570/20100211221000
トラックバックとコメント
ありがとうございます!!!
MIIKO捜査員(2010年02月12日09時22分)
差し入れの、送付先です
山崎 信彦捜査員(2010年02月12日06時16分)